>   >   > 

クレンジングがない!そんなときの代用品は!?

  • Check

クレンジングを切らしていたのをうっかり忘れていた経験、ありませんか? そんなとき、メイクを落とさないまま寝てしまうことはとても危険です。そんなピンチを救ってくれるのが、家にある意外なあのアイテムたちなのです。いざというときのために、知っておいて損はしませんよ。

オイルを含むものなら代用できる!

クレンジングは、クレンジングオイルやクリームに含まれている油分で、メイクなどの油性の汚れを浮かび上がらせて落とすことが目的です。つまり“油汚れは油で制す”ということ。
ですから、油分を含むものなら、クレンジング剤のかわりにメイクを落とすことができるというわけなのです。

家にあるあのアイテムが、緊急時のメイク落としに大変身♪

実は、家でよく使っているおなじみのアイテムが、メイク落としに使えます。それではさっそく見ていきましょう。

スクワランオイルなどの美容オイル

保湿剤や化粧水前のブースターとして重宝する美容オイルは、クレンジングの代わりにメイクを落とすことができます。人の皮脂と同じ成分でできたスクワランオイルは、肌にやさしく、乾燥肌、敏感肌の人も安心して使えます。抗酸化作用や保湿力の高い、椿油やホホバオイルなどの美容オイルも優秀です。

油分の多い乳液やクリーム

乳液やクリームには油分が含まれているので、メイクとなじみやすく、お肌をいたわりながらメイクをオフしてくれます。高い洗浄力は期待できませんが、ナチュラルメイクなら十分に落とせますし、保湿成分が入っているので、お肌が乾燥気味のときにもぴったりです。ちょっとコスト的には高くつきますが、スキンケア効果もあると考えれば一石二鳥です。

ベビーオイル

低刺激、無香料で赤ちゃんにも安心して使えるベビーオイルもおすすめ。小さなお子さんがいらっしゃる家庭でなくとも、ボディケア用や乾燥肌対策に、常備しているという方も多いのではないでしょうか。さらりとした使い心地で、保湿効果も抜群! 乾燥肌にお悩みの方にも安心です。

代用品を使ったクレンジングの基本をマスター!

常用するのはおすすめできませんが、家にあるものがピンチのときのクレンジングとして代用できるのはうれしいですね。

しかし、これらの代用品は、クレンジング剤と異なり、水と油をなじませる界面活性剤を含まないため、水やお湯で洗い流しができません。メイクを落としやすくするために、浮き上がったメイク汚れをコットンやティッシュでやさしくオフするひと手間が大切です。いきなり水やお湯ですすぐと、いつまでも油膜感が肌に残り、それを取り除こうとゴシゴシこすったり、熱いお湯で洗い流したりすることで、肌にダメージを与えてしまうことにもなりかねません。

さらに、普通のクレンジング剤と比べて、メイク落としに時間がかかるのは事実です。リラックスした気持ちで、焦らずにメイクを落としましょう。

では、代用品を使ったクレンジング方法と注意点をご紹介します。

<代用品を使ったクレンジング方法と注意点>

  1. 代用品は、直接顔にのせるのではなく、いったん手のひらにとってテクスチャーをゆるめてから肌にのせましょう。乾いた手のひらにとり、よくこすり合わせて体温で温めてから顔になじませます。肌への摩擦を軽減するために、量はケチケチせずにたっぷりと使いましょう。
  2. 手のひらを使ってやさしく、メイクとなじませるようにクルクルとなじませます。
  3. メイクが浮かび上がってきたら、コットンやティッシュで軽く押させえてオフし、蒸しタオル(濡らしたタオルをゆるめにしぼり、電子レンジで1分くらい温めると簡単にできます)でやさしく拭き取りましょう。ゴシゴシこすって角質層を傷つけてしまわないように注意。
  4. 代用品は肌に残ると肌トラブルの原因になります。ですから、洗顔料できちんと洗い流すことが大事です。洗顔の際にも、こすりすぎないように注意しましょう。
  5. 最後に保湿ケアを十分に行ってください。

クレンジングをしないとどうなるの?

夜遅くまで働いて疲れている日や、酔っぱらって帰ってきた日など、ついうっかりメイクを落とさずに寝てしまった経験、一度はあるのではないでしょうか。起きたときの罪悪感といったら、最悪ですよね……。

メイクを落とさずに寝ると、肌は一晩で劣化すると言われています。ファンデーションなどのメイクアイテムに含まれる油分が汗や皮脂と混ざって酸化し、汚れをのせたまま寝ているようなものです。当然、クレンジング後に行うべき保湿などのケアもしないわけですから、肌の乾燥、シミ、シワなどの肌トラブルの要因になります。

メイクを落とさず寝ることは、百害あって一利なし! 老け肌を加速させる行為でしかありません。どんな状況であっても、メイクは落として寝るのが賢明です。

まとめ

まずは日頃からクレンジングを切らさないようにするのが第一です。代用品はクレンジング力も落ちますし、肌に残りやすいため、手間も時間もかかります。ピンチのときのあくまでも一時的な使用にとどめましょう。

  • Check

クレンジングがない!そんなときの代用品は!?の関連ページ

クレンジングがない!そんなときの代用品は!? ページトップへ