>   >   > 

皮膚科医推奨!新生児期にできる赤ちゃんニキビの対策

生後間もない赤ちゃんの顔や体にできるニキビは「新生児ニキビ」と呼ばれるものです。どうやって治療したらいいの?大人のニキビと同じように対処してもいいの?といった悩みを解決します。

新生児ニキビ

新生児ニキビってなに?

いわゆる新生児ニキビは医学的には「脂漏性皮膚炎」と呼ばれています。生後2週間ごろから顔や額・頭を中心にポツポツと発生するのが特徴です。

脂漏性皮膚炎というと、思春期に発生する赤く腫れ上がる治りにくいニキビをイメージするかもしれませんが、新生児ニキビは、ほとんどの場合、白か肌色の小さな突起物で症状は軽度です。

発生する原因を把握し、適切なケアをしてあげることで、生後3か月ごろまでには赤ちゃんらしいスベスベの肌を取り戻すことができるでしょう。

新生児ニキビの原因

新生児ニキビの原因はズバリ、毛穴のつまりと汚れによる炎症です。
原因は思春期の脂漏性皮膚炎と同じですが、毛穴のつまりと汚れを引き起こすメカニズムが新生児ニキビでは異なります。

新生児ニキビを引き起こすのは、ママの体から受け継ぐホルモンです。
赤ちゃんの毛穴は大人の毛穴と違ってまだまだ未熟。未熟であるがゆえに、ホルモンによって生成される皮脂を毛穴につまらせてしまい、脂漏性皮膚炎を発症してしまうのです。
しかし、赤ちゃんの未熟な毛穴は、体の成長とともに発達し、スムーズに皮脂分泌を行うことができるようになるため、毛穴がつまって汚れを溜めることはなくなり、次第に新生児ニキビの症状は落ち着いてきます。 神経質になるママも多いですが、新生児ニキビは一時的な症状であるため、あまり心配する必要はないでしょう。

ただ、赤ちゃんの肌は非常にデリケート。
ホルモンによる内的要因だけでなく、ボディケアアイテムによる刺激、洗い残しや保湿不足、寝具や肌着の汚れ、など、外的要因によって新生児ニキビが発生したり、悪化したりする場合もあります。
できてしまった新生児ニキビを少しでも早く改善させるためにも、適切なケア方法をチェックしておきましょう。

ケア方法は?

新生児ニキビには特別な治療は必要ありません。なぜなら、新生児ニキビは毛穴が発達する生後3か月ごろには自然に治るからです。
でも、ママとしては、少しでも赤ちゃんの症状を軽くしてあげたい、少しでも早く治してあげたいと思うものですね。

新生児ニキビのケアのポイントは、「体を清潔に保つこと」、「保湿をしっかりすること」、「肌に触れるものを清潔にすること」の3点です。
つまり、新生児ニキビの発生や悪化を招く外的要因をクリアにすることが大切なのです。

体を清潔に保つ

肌を清潔に保っていればほとんどのニキビは予防できます。毎日入浴をし、ママの手で優しく丁寧に体全体を洗ってあげましょう。

新生児ニキビ改善のために入浴時に気を付けたいのは、使用するボディソープです。
デリケートな赤ちゃんの肌に刺激を与えない弱酸性のボディソープを使いましょう。大人用のボディソープは、香料やアルコールが含まれているものも多いため、赤ちゃんに使うと却って新生児ニキビを悪化させてしまう可能性があります。

使用したいのは、香料、アルコールはもちろんのこと、着色料や鉱物油、パラベンなども含まれない、フリー処方のボディソープ。

ベビー用全身泡ソープなら、刺激となる成分を排除して作られているので、毎日の入浴もです。

ベビーソープ
ベビーソープ

しかも、ただ優しい処方であるだけでなく、乾燥から肌を守る、コラーゲン*1・ヒアルロン酸*2・セラミド*3の3大保湿成分と、肌を健康に保つ、サクラエキス・グリチルリチン2K・アルゲエキス※が含まれているため、トラブルに負けない強い肌へとことができるのです。
また、ワンプッシュで肌触りの良い濃密な泡が出てくるベビー用全身泡ソープは、ママの負担も軽減してくれます。
たっぷりの泡で赤ちゃんを包み込み、洗い残しのないように丁寧に流してあげましょう。
*1 水溶性コラーゲン(保湿成分)
*2 ヒアルロン酸Na(保湿成分)
*3 セラミド3(保湿成分)
※ アルゲエキス(保湿成分)

お風呂のあとはしっかり保湿

お風呂から出たら、ベビーパウダーやクリームを使って保湿してあげましょう。

いくら良質なソープで丁寧に体を洗っても、そのままにしておくのはNG。水分を保ちにくい赤ちゃんの肌はどんどん乾燥し、乾燥は新生児ニキビを悪化させてしまいます。

入浴後は、ベビーゲルを全身に優しく塗ってあげるのがおすすめです。

ベビーゲル
ベビーゲル

ベビーゲルもベビー用全身泡ソープ同様にフリー処方※1で、コラーゲン*1・ヒアルロン酸*2・セラミド*3の3大保湿成分と、サクラエキス・グリチルリチン2K・アルゲエキス※2の肌を健康に保つ成分が含まれているので、デリケートな肌をしっかりと守ってくれます。
*1 水溶性コラーゲン (保湿成分)
*2 ヒアルロン酸Na (保湿成分)
*3 セラミド3 (保湿成分)
※1 パラベンフリー、アルコールフリー
※2 アルゲエキス (保湿成分)

肌にすーっと伸び、洗い立ての肌を乾燥させることなくしっかりと浸透するのは、ぷるぷるでみずみずしいゲルだからこそ。

べたつきもないので、赤ちゃんが嫌がる心配もなく、塗布後すぐに服を着せることができます。

また、より乾燥が気になる部分には、ママハピバーム10をプラスしましょう。

ママハピバーム10
ママハピバーム10

ママハピバーム10は、ドクターシーラボのママ社員によって開発されたフリー処方※の保湿バーム。
※ パラベンフリー、アルコールフリー
ヒマワリ種子油・ホホバ種子油・オリーブ果実油などの天然オイルをメインとしているため、肌にするっと馴染み、水分を逃がさず、ハリのある健やかな肌を保ってくれます。
バームなのに驚くほどサラッとした使い心地は、赤ちゃんだけでなく、ママの乾燥対策アイテムとしても好評。
持ち歩くことができるコンパクトサイズなので、肌のかさつきが気になったときにはいつでもどこでも簡単にケアすることができます。

触れるものも清潔に

赤ちゃんが使う服やタオル、寝具は常に清潔に保つよう心がけましょう。

汗や食べ物による汚れを放置しておくと、雑菌が繁殖して肌に刺激を与える原因に。新生児ニキビだけでなく、もっと深刻な皮膚炎を起こしてしまう恐れもあるので、十分に注意が必要です。

デリケートな赤ちゃんの肌に直接触れるものは、汚れたらすぐに取り替え、毎日こまめに洗濯をすることが大切です。
また、素材そのものによる刺激から肌を守るためにも、綿100%で肌触りの優しい服やタオル、寝具を選びましょう。

治らなくても大丈夫

生後初期から発生する新生児ニキビ。大切な赤ちゃんだからこそ、なかなか治らないと心配になりますよね。でも新生児ニキビは症状が深刻でない限り、赤ちゃん自身は痛みやかゆみを感じることはありません。

ただし、ニキビが赤く腫れ上がって膿が出てきたり、全身に広がったりと、症状が深刻になっている場合には要注意。新生児ニキビではなく、別の皮膚炎やアレルギーという可能性もあります。
すぐに小児皮膚科へ行き、医師の診察を受けましょう。

そうでない場合はあまり神経質になることなく、ドクターシーラボの良質なアイテムを使った適切なケアを施し、大らかな気持ちで改善するのを待ちましょう。すぐにみずみずしい健やかな肌を取り戻してくれるはずです。

皮膚科医推奨!新生児期にできる赤ちゃんニキビの対策の関連ページ

皮膚科医推奨!新生児期にできる赤ちゃんニキビの対策 ページトップへ