エストロゲンって?

女性ホルモン“エストロゲン”の働き

美肌と「ホルモン」は、切っても切れない関係があることをご存知ですか?
「ホルモン」とは、身体のいろいろな機能が正常な働きをするために必要な情報伝達物質で、その種類は100種以上あるとされています。その中で、美容と関わりのあるホルモンの1つが「女性ホルモン」です。
肌トラブルを防ぎ、美肌をつくるためには、「ホルモン」を知り、分泌の周期に合わせたスキンケアやバランスを整える生活習慣を行うことが大切です。
そこで、「ホルモンって何?」という疑問から、意外と知られていない「ホルモンと肌の関係について」「女性ホルモンバランスを整えるために心掛けたい生活習慣」などを詳しくご紹介します!

エストロゲンは女性ホルモンの1種

100種以上もあるホルモンの中で、美容(肌状態の変化)と関わりがあるホルモンのひとつ「女性ホルモン」。
女性ホルモンとは、2種のホルモンの総称で「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン(黄体ホルモン)」を指します。これらは、一定の周期(約28日)で絶妙なバランスを保ちながら分泌されます。それにより、美肌や女性らしい体をつくり、さらに妊娠や出産、月経周期など、女性の体のリズムをコントロールしています。

エストロゲンは“美肌ホルモン”

「エストロゲン」とは、主に卵胞(卵巣内部にある卵子が入っている袋のこと)や黄体(排卵後の卵胞)から分泌される、妊娠の準備をするホルモンです。また、“美肌ホルモン”ともいわれ、美肌づくりとも関係があります。
エストロゲンの分泌量は、年齢によって変化し、30歳をピークに徐々に低下し、40代後半ころから分泌量が急速に減少することが分かっています。そして、それが様々な更年期障害の原因といわれています。

エストロゲンがもたらす肌への影響とは?

“美肌ホルモン”である「エストロゲン」は、妊娠を準備するホルモンなので、異性を呼び寄せようと、女性の体や肌、髪を美しく魅力的に見せてくれる力があるといわれています。「エストロゲン」には、皮下脂肪を増やす働きがあり、この作用で肌にハリと弾力がでます。また、体内に水を溜め込む働きがあるので、肌のうるおいがアップし、血管拡張作用により肌色も良くなります。さらに、抗酸化作用があり肌を錆びつかせる原因、活性酸素やフリーラジカルを防御する作用があるといわれています。

引用:BEAUTY WORD<皮膚科学用語編>

エストロゲンの分泌量

全国のドラッグストアで
お買い求めいただけます

※店舗によりお取扱いのない場合もございますのでご了承ください。