>   >   > 

メラニン色素の役割と生成メカニズムとは



紫外線とメラニン色素の関係は?メラニン色素がシミになる?メラニン色素の役割と、生成までのメカニズムについて分かりやすく説明します。

メラニン色素

そもそも悪者?メラニン色素の役割とシミになるメカニズム

シミに悩むお年頃を迎えると、どうしても「メラニン色素」という単語はいや~な響きに聞こえます。悪者扱いされてしまいがちなメラニン色素ですが、もともとどんな働きをするものなのでしょう?

メラニン色素の種類は2つ

メラニンとはお肌や髪などの色をつくっている色素です。アフリカ系の人種が肌や髪の色が濃く、北欧系の人種は薄いのは、2種類のメラニン色素が関係しているから。それが「ユーメラニン」と「フェオメラニン」です。日本人の髪やアフリカ人の肌を黒くしているのは茶系~黒系の「ユーメラニン」。白色人種に多い赤系~黄色系の「フェオメラニン」との配合比率により、さまざまな髪の色、皮膚の色が生まれます。この二つを合わせた総称が「メラニン」というわけです。

メラニン色素

メラニン色素の役割は?

日本人に多い茶系~黒系のユーメラニンは、紫外線により発生する活性酸素を消して、肌の細胞を守る働きをします。皮膚トラブルや皮膚がんなどを防ぐためにも、欠かせないもの。のちほど説明する「メラノサイト」がメラニン色素を生成して、真皮に紫外線が届かないように守ってくれるのです。一方、フェオメラニンは逆に紫外線にあたると活性酸素を増やすので、白人に皮膚がんが多い理由の一つだといわれています。

メラニン色素が生成されるメカニズム

紫外線は、肌に有害な物質が含まれています。これをお肌に浴びると、まず ①表皮細胞(ケラチノサイト)で活性酸素が発生します。活性酸素は本来、体に入り込んだ細菌などから細胞を守ることが役目です。ところが増えすぎると、かえって細胞にダメージを与えて、肌老化の原因に。そこでこのダメージをやわらげて、肌細胞を守ろうと働き出すのが②の情報伝達物質です。メラニン色素を作り出す細胞「メラノサイト」に、「肌の色素を濃くして、肌を守りなさい!」という指令を出します。すると指令を受けたメラノサイトは、シミの元となる ③チロシナーゼという酵素を活性化。チロシナーゼは酸化して、④チロシンというアミノ酸の一種をメラニンへとどんどん変化させていき、黒褐色の色素がお肌の表面に押し上げられていくのです。

多くの美白化粧品が、ハイドロキノンなどチロシナーゼを抑制する成分を含んでいるのは、お肌にシミが現れる前にブロックするためなんですね。

「日焼けもシミも絶対にイヤ!」
そのお気持ちはわかります。でもメラニン色素は、紫外線や活性酸素によるダメージを引き受けて、肌細胞を守ってくれている大事な存在。日焼けをしたとき、メラニン色素がもしなければ、真皮までモロに紫外線の影響を受け、お肌はボロボロになってしまうことでしょう。ある意味、メラニンは肌のガードマンなのです。

メラニンが蓄積するとシミになる

本来なら、肌の上に出てきたメラニンは肌の生まれ変わる周期(ターンオーバー)によって、垢と一緒に剥がれ落ちて行きます。ところが、過剰に作られ過ぎたメラニンがターンオーバーの乱れなどによって表皮細胞にとどまると、色素が沈着し、そこにシミとして腰を落ち着けてしまいます。

メラニン色素に対抗してシミを防ぐには

ターンオーバーを整える

まず考えなければならないのはターンオーバー周期を正常に保つこと。年齢を重ねると、どうしても周期が衰えて、メラニンの含まれた古い角質が剥がれ落ちずに残ってしまいます。また古い角質が毛羽立つと、ゴワつくだけでなく、影によって肌全体がくすんで見えてしまうことも。
そこでメラニンを表皮細胞に留まらせず、フレッシュなプリプリ肌を保つ生活習慣を心がけましょう。睡眠不足をしない、適度な運動をしてストレスをためない、そして何といっても食生活が大切です。そこで、新陳代謝の促進にいいといわれる栄養素をチェック!メラニンの生成を抑えてくれるビタミンCは体に蓄積されにくいので、特に毎食気をつけてとるようにしましょう。

ターンオーバーを促してくれる栄養素

ビタミンA レバー、うなぎ、ニンジン・春菊・ほうれん草など緑黄色野菜
亜鉛 牡蠣、小麦胚芽、チーズ、レバーや赤身肉など
ビタミンC ピーマン、キウイ、ジャガイモ、ブロッコリー、オレンジなど
ビタミンB6 牛レバー、鶏ささみ、かつお、まぐろ、さば、バナナなど
ビタミンE ごま油、ナッツ類、アボカド、赤ピーマンなど

出典:http://www.ci-labo.jp/bihakuoni/191/

また、年齢肌の方におすすめは、美容成分のたっぷり入ったピーリング剤で定期的に古い角質を取り除いてあげる方法です。エンリッチリフトゴールドピールなら、洗顔後に金箔*1入りのゲルでやさしく30秒間くるくるマッサージするだけ。ブルガリアローズハチミツなど天然のピーリング成分*2が角質ケアをしながら肌を柔らかく整えてくれます。1週間に1~2回続けると、。何より、肌のゴワつき感が取れ、しっとりモチモチに変わるのがうれしいですね。
*1 金・白金(整肌成分)
*2 グルコノバクター/ハチミツ発酵液、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液(整肌成分)

日焼け止めは1年中ぬかりなく!

紫外線の強い夏は、日傘にサングラス、日焼け止めでがっちりガードしていた方も、秋冬になるとUVケアをしなくなる傾向にあります。でも油断は禁物。日焼けの赤みやヒリヒリを引き起こすUV-B波は夏の終わりとともに弱まるものの、真皮にまで届いて肌ダメージを促進させるUV-A波は1年中、曇りの日でもガラス越しでも、お構いなしにお肌を直撃しています。
そこで「UV&WHITE モイスチャーゲル50+ SPF50+ PA++++」を、ぜひ試してみてください。一番の特徴は「付け心地の軽さ」。ゲルタイプでありながら、SPF50+ PA++++と国内最高値の紫外線防御率を実現。しっとりしているのにベタつかない使用感で、紫外線はもちろん、冬の乾燥によるダメージからも肌を守ります。WHITE377*などの成分も贅沢に配合されています。
*フェニルエチルレゾルシノール(整肌成分)


UV&WHITE モイスチャーゲル50+ SPF50+ PA++++

紫外線を防ぐためにも保湿はしっかり

肌トラブルの原因のほとんどは乾燥からくるといわれています。シミ予防ももちろん「保湿」が基本。お肌のバリア機能が失われたカサカサ乾燥肌や、角質がめくれ上がった粉吹き肌では、紫外線の影響を防ぐことができません。乾燥が激しくなる秋からは、特に角質層の水分量をあげるケアを行いましょう。

2014年7月に累計3,000万個を突破したドクターシーラボのアクアコラーゲンゲルシリーズの中でも、特に長年のファンが多いのが“元祖・保湿ゲル”「薬用アクアコラーゲンゲル スーパーモイスチャーEX」です。圧巻の保湿力はもちろん、薬用有効成分「グリチルリチン酸2K」が肌あれやニキビなどを防ぎ、肌の炎症を抑えます。「日焼けしちゃった」「ちょっと乾燥が気になる」、そんな日はお休み前の2度塗り3度塗りをおすすめします。初めて使った方は、翌朝の肌の吸い付くようなうるおいに感動を覚えることでしょう。


薬用アクアコラーゲンゲル スーパーモイスチャーEX

シミができてしまったら徹底ケア

それでもシミを防ぎきれなかった場合、あきらめるしかないのでしょうか?
いいえ、そんなときは「スーパーホワイト377VC」の美容液を。秘密は最新のナノテクノロジー研究を駆使して、WHITE377*1と高浸透型※1ビタミンC誘導体*2をプラチナコロイド*3に結合させた独自成分「Nano W377*4」。ぜひ毎日、特に気になる部分に、重ねづけしてみてください。優れたイジングケア※2と圧倒的なブライトニングケア※3へのサポートで、悩みに働きかけ、ムラのない美しい肌に。
※1 浸透は角層まで
※2 年齢に応じたスキンケア
※3 肌をなめらかにし、ツヤを与えること
*1 フェニルエチルレゾルシノー(整肌成分)
*2 パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na
*3 白金
*4 フェニルエチルレゾルシノール(整肌成分)


スーパーホワイト377VC

必ずしもメラニンは悪者ではないことをおわかりいただけたでしょうか?シミひとつない美肌は憧れですが、メラニンが肌に現れるメカニズムがわかれば、シミが蓄積してしまった後の対策よりも、シミ予防に力を入れた方が効率がいいことも納得ですね。UV対策と保湿、そしてターンオーバーの正常化で、かしこく美肌を守りましょう!

メラニン色素の役割と生成メカニズムとはの関連ページ

メラニン色素の役割と生成メカニズムとは ページトップへ