>   >   > 

肌荒れで赤みが出る、そのメカニズムと対策法



肌荒れで起こる皮膚の赤み。カサカサしたり、ヒリヒリしたりして気になりますよね。その赤み、どうして起こるのか知っていますか?赤みのメカニズムと対策を知って、今日から赤み知らずの肌を目指しましょう。

肌荒れ・赤み

赤みが起こるメカニズム

肌の赤みが起きるのは、毛細血管の拡張のためです。
これは「紅斑」と呼ばれる症状で、悩みを持つ人が多い症状の一つ。
毛細血管の拡張は刺激が加わると起こり、流れる血液量が増えるために赤みが増します。
とくに、顔の真皮部分はもっとも毛細血管が集まる場所の一つであり、真皮の上の表皮部分はわずか0.2mm程度しかないため、拡張した毛細血管の赤みは表皮を通して表に見えるまでになるのです。
これが、顔の赤みが起こるメカニズムです。
健康的な赤みであれば問題はありませんが、他の部分よりも明らかに赤い場合は紅斑である可能性があります。まずは毛細血管を刺激する原因を突き止め、対策をしましょう。
また、表皮の薄さが原因となり、赤みを目立たせている場合もあります。
これは、ターンオーバーが乱れ、表皮が薄い状態になっている人に多いのが特徴です。

肌荒れ・赤み

また「紅斑」の原因は?

では、紅斑はどうして起きるのでしょうか?
毛細血管を刺激する要因はさまざまありますが、代表的なのが「乾燥」、「ニキビ」、「紫外線や摩擦、化粧品による刺激」です。
対策をするために、ここではこれらの原因について詳しく見ていきましょう。

乾燥

お肌が乾燥することによって、本来持っているバリア機能は低下し、放置しておくと、いわゆる「敏感肌」と言われる状態に。敏感肌になると、少しの刺激でも過敏に反応してしまうため、紅斑を起こしてしまう可能性が非常に高くなるのです。
紅斑の症状を抑えようと冷水で洗顔する人も多いですが、乾燥によって敏感肌へと変化したお肌へは逆効果。
思わぬ刺激に毛細血管が反応し、より紅斑の症状を深刻にしてしまうので注意です。

ニキビ

ニキビも赤みを引き起こす原因となります。
ニキビができていること自体がお肌にとって刺激となるため、ニキビが発生している箇所全体の毛細血管が反応し、紅斑が起こります。そもそもニキビができるお肌は非常にデリケートな状態。
そのため、皮脂分泌が過剰になり、脂漏性皮膚炎を発症し、その影響でさらには紅斑も起こしてしまうということも考えられます。

紫外線や摩擦、化粧品による刺激

普段お肌に触れるとき、強くこすったりしてはいませんか?
ゴシゴシとこするクレンジングや洗顔、化粧水を塗布する際の過度なパッティングは、表皮を傷つけてしまいます。
傷ついた表皮はスキンケアの刺激を受けやすくなり、その刺激で赤みを発生させてしまうこともあります。
また、紫外線はお肌にもっとも刺激を与える要因の一つ。
紫外線予防はもちろんですが、紫外線を浴びた後のケアも重要です。

紅斑は深刻な肌悩みの一つではありますが、原因を見てみると実はスキンケアを見直すことで改善できる可能性があります。

ビタミンC誘導体*を効率的にお肌に与えるために使いたいのがVC100エッセンスローションです。
* パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na (整肌成分)

00009426
VC100エッセンスローション

VC100エッセンスローションは、ビタミンC誘導体の浸透※1度をさらにアップさせたAPPS*1が高濃度※2に配合されており、角質層の奥まで届いて内側からケアをしてくれます。
さらに、キメを整え、ハリやツヤをさせる2種のEGF様成分*2、フラーレン※3、19種のアミノ酸*3、3種のフルーツ酸*4、そしてお肌をたっぷりと潤す3種のコラーゲン*5&ヒアルロン酸*6、リピジュア*7と、1本の化粧水の中に美容液並みの成分が含まれているため、肌悩みにアプローチしします。
※1 浸透は角層まで
※2 シーラボ VPWローション比
※3 整肌成分
*1 パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na (整肌成分)
*2 水溶性プロテオグリカン、ヒトオリゴペプチド-24 (整肌成分)
*3 バリン、ロイシン、イソロイシン、イソロイシン、フェニルアラニン、トレオニン、リシンHCl、グリシン、アラニン、セリン、ヒスチジン、ヒスチジンHCl、グルタミン酸、プロリン、チロシン、タウリン、アルギニン、アスパラギン酸、アスパラギン酸Na (整肌成分)
*4 リンゴ酸、グリコール酸、乳酸 (整肌成分)
*5 水溶性コラーゲン、ココイル加水分解コラーゲンK、加水分解コラーゲン(保湿成分)
*6 ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸(保湿成分)
*7 ポリクオタニウム-51 (保湿成分)

そして、VC100エッセンスローションを使った後には薬用アクアコラーゲンゲル スーパーモイスチャーEXを塗布するのが有効。

00033964
薬用アクアコラーゲンゲル スーパーモイスチャーEX

薬用アクアコラーゲンゲル スーパーモイスチャーEXには、圧倒的な浸透性と保湿性を持つ「コラーゲンHCナノカプセル*」と120種類もの美容成分を配合。1つで乳液や美容液、クリームなどの複数の役割をしてくれるので、スキンケア用品の重ね塗りによる摩擦を防止し、お肌に刺激を与えることなくお手入れを完了させることができます。
*水溶性コラーゲン(F)、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、水素添加大豆リン脂質、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、コレステロール、L-セリン、グリシン、DL-アラニン、オレイン酸、パルミチン酸、加水分解コラーゲン液(4)、サクシニルアテロコラーゲン液、ヤシ油脂肪酸加水分解コラーゲンカリウム液、イソステアロイル加水分解コラーゲン液(3)、加水分解ヒアルロン酸、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、レシチン(保湿成分)
VC100エッセンスローションと薬用アクアコラーゲンゲル スーパーモイスチャーEXの両方を使うことで、たっぷりの美肌成分を与え、どんな刺激にも負けない強いお肌を作り出すことが期待できるでしょう。

赤みの対策

嫌な赤みを起こさないためには、しっかりと対策をすることが必要です。
正しい対策を行い、続けることで、色ムラのないお肌を手に入れましょう。

スキンケアを見直す

まずは日々のスキンケアを見直すことから始めましょう。スキンケア用品はお肌に優しい成分のものを選び、ごしごしとこするのは禁止です。念入りにスキンケアをすることは大切ですが、手をかけすぎるのはNG。スキンケア用品を厳選し、お手入れ時の摩擦による刺激を軽減することが赤み対策のポイントです。

肌悩み対策の基本となるのが洗顔です。
おすすめしたいのは、スーパーウォッシングフォームEX。

00028744
スーパーウォッシングフォームEX

3種の天然クレイ*1が毛穴の汚れや古い角質に吸着して取り除くため、こすり洗いをする必要は一切ありません。また、毛穴引き締め効果のある植物エキス*2、保湿効果のあるコラーゲン*3・ヒアルロン酸*4・セラミド*5も豊富に配合。たっぷり泡立てて、パックをするように丁寧に洗顔をしてみましょう。
洗い上がりの顔の変化に気づくはずです。
*1 モロッコ溶岩クレイ、ベントナイト、アーチチョーク葉エキス (整肌成分)
*2 アーチチョーク葉エキス、ノイバラ果実エキス、ヒラマメ種子エキス (整肌成分)
*3 (ジヒドロキシメチルシリルプロポキシ)ヒドロキシプロピル加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン (保湿成分)
*4 アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、 加水分解ヒアルロン酸 (保湿成分)
*5 セラミド2、セラミド3、セラミド6II (保湿成分)
また、赤み対策として洗顔後におすすめなのが、レッドフェイストナーです。

00001462
レッドフェイストナー

レッドフェイストナーは、肌の赤みに着目して開発された専用化粧水。
ビタミンK様成分がお肌※の奥深くまで浸透し、本来の肌色に導きます。
※ 角層まで
使用後は、薬用アクアコラーゲンゲル スーパーモイスチャーEXでしっかり保湿しましょう。

00033964
薬用アクアコラーゲンゲル スーパーモイスチャーEX

日焼けはしっかり防ぐ

日焼けは、赤みはもちろんシミやくすみの原因にもなります。
肌悩みをや、新たなトラブルを招かないためにも、
BBパーフェクトクリーム50+を毎日使いましょう。

00021146
BBパーフェクトクリーム50+

BBパーフェクトクリーム50+は、85%の美容成分と圧倒的なカバー力で人気のBBパーフェクトクリームに、「SPF50+ PA++++」という国内基準トップレベルの紫外線カット効果をプラス!普段通りにお化粧をするだけで、しっかりと紫外線対策までできます。
また、香料・合成着色料・鉱物油・紫外線吸収剤はフリー。限りなくお肌に刺激を与えず、お肌を守り美しく見せることに特化したBBクリームなのです。

赤みトラブルが長引くときは病院へ

自分で対処してもなかなか治らない場合には、病院で診てもらうことをおすすめします。
病院では、専門知識を持つ医師が、医学的観点からお肌の状態を診断し、適切な治療を施してくれるので安心です。
ドクターシーラボを生み出した「シロノクリニック」は、レーザー治療専門の皮膚科で、赤ら顔の治療に関しては、皮膚に刺激を与えず血管だけに反応する最新のレーザーを使用しています。そのため、治療跡が残ったり、健康なお肌を傷つけたりする心配はなく、安心して治療を受けることができます。
症状が気になるなら、まずは無料カウンセリングを受けて医学と美容のプロに相談してみましょう。

レーザー治療専門の美容皮膚科【シロノクリニック

肌荒れで赤みが出る、そのメカニズムと対策法の関連ページ

肌荒れで赤みが出る、そのメカニズムと対策法 ページトップへ