>   >   > 

日焼けが原因? 若いのにシミができてしまう原因と今からの対策

  • Check

監修:シロノクリニック恵比寿院 中川 桂副院長

「えっ、こんなところにシミがある…!」
油断していると、気づかないうちにできているシミ。鏡を見るたびに気になってしまいます。しかもチェックしていると、前より濃くなっている気がしたり、数も増えている気がしたり……。「まだ20代なのにシミがあるなんて…どうにかしたい!」という人もいるかもしれません。
そもそもシミはどうしてできるのでしょうか。シミを放っておくことで、肌にどのような影響があるのかもご紹介します。

気になるシミの原因“メラニン”が増える要因

メラニンが生成される理由

シミが茶色や黒っぽい色をしているのは、メラニン色素の色が原因です。メラニン色素は肌や髪の色を作っている色素のこと。 メラニンは、表皮の基底層に存在するメラノサイト(色素形成細胞)が紫外線の刺激を察知すると作られます。(本来は肌を紫外線のダメージから守るために生成されます。)メラニンは通常、役割を終えるとターンオーバーによって剥がれ落ちていきますが、紫外線を浴びすぎるとターンオーバーが間に合わず、メラニンが蓄積してシミになってしまうのです。
また、紫外線だけがシミの要因ではありません。皮膚トラブルによる炎症や女性ホルモン、活性酸素もメラニン生成を盛んにし、シミを作る要因になります。

ニキビや炎症などの皮膚トラブル

ニキビ跡や虫刺され跡、肌が炎症を起こした後などに、その部分が黒ずんでシミのように残ってしまうことがあります。これは炎症で刺激を受けた皮膚(真皮)を守るために、メラニンが過剰に生成されるからです。さらに肌をこするなどの摩擦刺激でもメラニン生成を促進させます。

女性ホルモン

女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)には、メラニンの生成を促進する働きがあります。このプロゲステロンは生理前や妊娠期に量が増えるため、この時期はいつも以上にメラニンが生成されます。特に妊娠適齢期の女性はシミができやすい年代といえるので、ターンオーバーのリズムを整えることが重要です。

活性酸素

紫外線を浴びる、アルコールを摂取しすぎる、喫煙する、ストレスを抱える、といったことが過度な場合、表皮細胞(ケラチノサイト)で活性酸素が発生します。活性酸素が増えすぎると細胞にとって有害なので、これを消すためにメラニンが作られます。

シミの種類と特徴

日光性黒子(老人性色素斑)

紫外線によるメラニンの過剰生成が主な原因です。顔や手など日光に当たる部位にできやすく、平らで境界がはっきりとしたシミができます。老人性とありますが20代で出始める人も。年齢とともに数が増えたり、色が濃くなったりしがちです。

肝斑

紫外線やホルモン、加齢などが原因です。頬や額、口まわりなどに左右対称に現れるのが特徴。30~40代に多く発生しますが、妊娠期にも現れやすく「妊娠性肝斑」とも呼ばれます。紫外線が強い夏場は濃く、紫外線が弱まる冬場に薄くなる傾向があります。

雀卵斑(そばかす)

遺伝による影響が強いといわれています。5mmほどの小さな斑が、鼻や頬に散らしたようにできるのが特徴。紫外線でさらにできやすくなります。

炎症後色素沈着

皮膚の炎症が原因で、ニキビ・虫刺され・やけど・アトピー性皮膚炎などの後に発生します。数ヶ月で自然に消えることもありますが、真皮まで炎症が及ぶと長く残り続ける場合があります。

シミができるメカニズム

ここでシミができるメカニズムを説明しておきます。
まず、肌の構造は一番外側の「表皮」、その下の「真皮」、最も内側の「皮下組織」からできています。表皮はさらに4つの層で成り、上から「角層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」と重なっています。
シミの原因となるメラニン色素を生成するメラノサイトは、表皮の一番下の基底層にあります。

【紫外線「UV-B」の刺激でメラニンが作られる】

紫外線には複数の波長があり、それぞれで肌への影響が異なります。シミの原因となるメラニン生成に関わるのは、表皮に届く中波長のUV-Bです。一方、真皮まで届く長波長のUV-Åは、時間をかけて肌にダメージを与え、シワやたるみの原因になります。
UV-Bはエネルギーが強く表皮細胞にダメージを与えて、肌を赤く腫れさせます。真夏の炎天下にいると肌が赤く焼けてヒリヒリするのはUV-Bの仕業なのです。
このUV-Bのダメージから肌を守ろうとして、メラノサイトではメラニン色素が大量に生産されます。

【日焼けで赤くなった後、黒くなる】

日焼けの赤みや腫れは数日で消えますが、4~7日ほど経つと、その部分が黒くなってきます。表皮の一番奥で生成されたメラニンが、ターンオーバーによって少しずつ表面に上がってくるためです。

【ターンオーバーで排出できないとシミになって残る】

肌のターンオーバーの周期は20代で約1ヶ月です。年齢や個人差はありますが、ターンオーバーが約1ヶ月の方の場合、おおむね20~30日程度でメラニンが一番外側の角質層へ押し出され、最終的には垢と一緒に剥がれ落ちていきます。
ところがターンオーバーの周期が遅れて長くなると、いつまでもメラニンが排出されずシミとなって残ります。加齢でシミが増えるのは、このためです。
また、ターンオーバーそのものは正常でも、排出が間に合わないほど連続して強い紫外線を浴びていると常にメラニンが生成されることになり、やがてはシミになってしまいます。

シミを放置すると、こんな変化が!?

さて、シミをケアしないで放っておくと、どうなるでしょうか?

シミが濃くなる

1つめはシミが濃くなり、余計に消えにくくなります。「20代なのにシミがあるなんて…ショック!」と、どんなにおしゃれを頑張っても、目立つシミがひとつあるだけでマイナスに働いてしまい、悲しい気持ちになることもありますよね。

肝斑になる可能性も

2つめは、年齢を重ねるに従ってより広範囲にシミができてしまい、そのストレスによってホルモンバランスが崩れ肝斑の原因になる可能性があります。肝斑は頬や額、口周りなどの目立つ部分の肌のトーンが地図状にまだらになってしまうため、顔色が悪く見えたり化粧でも隠しにくくなったりします。

こんなふうに、シミは審美的な問題だけでなく健康上のリスクもゼロではありません。シミの原因を知って、できにくくなる予防をすることと、できてしまったシミに対しては適切にケアすることが大切です。

監修:シロノクリニック恵比寿院 中川 桂副院長

「えっ、こんなところにシミがある…!」
油断していると、気づかないうちにできているシミ。鏡を見るたびに気になってしまいます。しかもチェックしていると、前より濃くなっている気がしたり、数も増えている気がしたり……。「まだ20代なのにシミがあるなんて…どうにかしたい!」という人もいるかもしれません。
そもそもシミはどうしてできるのでしょうか。シミを放っておくことで、肌にどのような影響があるのかもご紹介します。

気になるシミの原因“メラニン”が増える要因

メラニンが生成される理由

シミが茶色や黒っぽい色をしているのは、メラニン色素の色が原因です。メラニン色素は肌や髪の色を作っている色素のこと。 メラニンは、表皮の基底層に存在するメラノサイト(色素形成細胞)が紫外線の刺激を察知すると作られます。(本来は肌を紫外線のダメージから守るために生成されます。)メラニンは通常、役割を終えるとターンオーバーによって剥がれ落ちていきますが、紫外線を浴びすぎるとターンオーバーが間に合わず、メラニンが蓄積してシミになってしまうのです。
また、紫外線だけがシミの要因ではありません。皮膚トラブルによる炎症や女性ホルモン、活性酸素もメラニン生成を盛んにし、シミを作る要因になります。

ニキビや炎症などの皮膚トラブル

ニキビ跡や虫刺され跡、肌が炎症を起こした後などに、その部分が黒ずんでシミのように残ってしまうことがあります。これは炎症で刺激を受けた皮膚(真皮)を守るために、メラニンが過剰に生成されるからです。さらに肌をこするなどの摩擦刺激でもメラニン生成を促進させます。

女性ホルモン

女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)には、メラニンの生成を促進する働きがあります。このプロゲステロンは生理前や妊娠期に量が増えるため、この時期はいつも以上にメラニンが生成されます。特に妊娠適齢期の女性はシミができやすい年代といえるので、ターンオーバーのリズムを整えることが重要です。

活性酸素

紫外線を浴びる、アルコールを摂取しすぎる、喫煙する、ストレスを抱える、といったことが過度な場合、表皮細胞(ケラチノサイト)で活性酸素が発生します。活性酸素が増えすぎると細胞にとって有害なので、これを消すためにメラニンが作られます。

シミの種類と特徴

日光性黒子(老人性色素斑)

紫外線によるメラニンの過剰生成が主な原因です。顔や手など日光に当たる部位にできやすく、平らで境界がはっきりとしたシミができます。老人性とありますが20代で出始める人も。年齢とともに数が増えたり、色が濃くなったりしがちです。

肝斑

紫外線やホルモン、加齢などが原因です。頬や額、口まわりなどに左右対称に現れるのが特徴。30~40代に多く発生しますが、妊娠期にも現れやすく「妊娠性肝斑」とも呼ばれます。紫外線が強い夏場は濃く、紫外線が弱まる冬場に薄くなる傾向があります。

雀卵斑(そばかす)

遺伝による影響が強いといわれています。5mmほどの小さな斑が、鼻や頬に散らしたようにできるのが特徴。紫外線でさらにできやすくなります。

炎症後色素沈着

皮膚の炎症が原因で、ニキビ・虫刺され・やけど・アトピー性皮膚炎などの後に発生します。数ヶ月で自然に消えることもありますが、真皮まで炎症が及ぶと長く残り続ける場合があります。

シミができるメカニズム

ここでシミができるメカニズムを説明しておきます。
まず、肌の構造は一番外側の「表皮」、その下の「真皮」、最も内側の「皮下組織」からできています。表皮はさらに4つの層で成り、上から「角層」「顆粒層」「有棘層」「基底層」と重なっています。
シミの原因となるメラニン色素を生成するメラノサイトは、表皮の一番下の基底層にあります。

【紫外線「UV-B」の刺激でメラニンが作られる】

紫外線には複数の波長があり、それぞれで肌への影響が異なります。シミの原因となるメラニン生成に関わるのは、表皮に届く中波長のUV-Bです。一方、真皮まで届く長波長のUV-Åは、時間をかけて肌にダメージを与え、シワやたるみの原因になります。
UV-Bはエネルギーが強く表皮細胞にダメージを与えて、肌を赤く腫れさせます。真夏の炎天下にいると肌が赤く焼けてヒリヒリするのはUV-Bの仕業なのです。
このUV-Bのダメージから肌を守ろうとして、メラノサイトではメラニン色素が大量に生産されます。

【日焼けで赤くなった後、黒くなる】

日焼けの赤みや腫れは数日で消えますが、4~7日ほど経つと、その部分が黒くなってきます。表皮の一番奥で生成されたメラニンが、ターンオーバーによって少しずつ表面に上がってくるためです。

【ターンオーバーで排出できないとシミになって残る】

肌のターンオーバーの周期は20代で約1ヶ月です。年齢や個人差はありますが、ターンオーバーが約1ヶ月の方の場合、おおむね20~30日程度でメラニンが一番外側の角質層へ押し出され、最終的には垢と一緒に剥がれ落ちていきます。
ところがターンオーバーの周期が遅れて長くなると、いつまでもメラニンが排出されずシミとなって残ります。加齢でシミが増えるのは、このためです。
また、ターンオーバーそのものは正常でも、排出が間に合わないほど連続して強い紫外線を浴びていると常にメラニンが生成されることになり、やがてはシミになってしまいます。

シミを放置すると、こんな変化が!?

さて、シミをケアしないで放っておくと、どうなるでしょうか?

シミが濃くなる

1つめはシミが濃くなり、余計に消えにくくなります。「20代なのにシミがあるなんて…ショック!」と、どんなにおしゃれを頑張っても、目立つシミがひとつあるだけでマイナスに働いてしまい、悲しい気持ちになることもありますよね。

肝斑になる可能性も

2つめは、年齢を重ねるに従ってより広範囲にシミができてしまい、そのストレスによってホルモンバランスが崩れ肝斑の原因になる可能性があります。肝斑は頬や額、口周りなどの目立つ部分の肌のトーンが地図状にまだらになってしまうため、顔色が悪く見えたり化粧でも隠しにくくなったりします。

こんなふうに、シミは審美的な問題だけでなく健康上のリスクもゼロではありません。シミの原因を知って、できにくくなる予防をすることと、できてしまったシミに対しては適切にケアすることが大切です。

  • Check

日焼けが原因? 若いのにシミができてしまう原因と今からの対策の関連ページ

日焼けが原因? 若いのにシミができてしまう原因と今からの対策 ページトップへ