>   >   > 

ピーリングでニキビ跡は治せる?効果的な理由をご紹介!

  • Check

監修:シロノクリニック恵比寿院 中川副院長

ニキビ跡を消したくて、コスメにこだわったり保湿を徹底したりしている方は多いでしょう。しかし、今回おすすめしたいのは「ピーリングでのケア」。ピーリングといえば、肌のくすみが気になるときのケアのひとつですが、ニキビ跡にアプローチできる可能性があります。なぜ、ピーリングがニキビ跡に向いているのか詳しくみていきましょう。

ピーリングがニキビ跡に効果的な理由

新たなニキビのリスクを抑える

ピーリングは、肌の古い角質を取り除くケアです。ニキビは、毛穴に古い角質と皮脂がつまった状態であるため、ピーリングで古い角質を取り除くことでニキビのリスクを抑えられる可能性があります。

ニキビ跡を目立ちにくくする

メラニン色素が肌に沈着したものや、強い炎症が原因で起こる凹凸のあるニキビ跡などがあります。ピーリングによって肌の古い角質が取り除かれると、肌のターンオーバーが整いやすくなり、メラニン色素の排出が促されます。また凹凸のできたところの再生も促されるため、ニキビ跡の改善にも役立つとされているのです。

毛穴の黒ずみ、開きに

毛穴に古い角質や皮脂が溜まると酸化して黒っぽくなります。このような毛穴の黒ずみも、ピーリングでケアできます。また皮脂の過剰分泌が原因の毛穴の開きにも、ピーリングが効果的とされています。皮脂の過剰分泌は乾燥によって起こるため、ピーリングで肌のターンオーバーを整えることで改善が期待できるのです。

そもそも「ピーリング」って何?

ピーリングは、クリニックで受けられる「ケミカルピーリング」と、自宅で行う「ホームピーリング」に分類されます。

ピーリングの特徴

ピーリングは、グリコール酸やサリチル酸、トリクロロ酢酸、乳酸、ベーカーゴードン液などの薬剤を使用して、皮膚を剥がす治療法・ケア方法です。肌の表面に溜まった古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを整えることを目的としています。色素沈着があるニキビ跡や凹んだニキビ跡に効果が期待できます。

ただし、すぐにニキビ跡が薄くなるわけではなく、根気よくケアを続ける必要があります。また濃いニキビ跡や大きく凹んだニキビ跡は、ケミカルピーリングでなければ改善は難しいでしょう。

知りたい!ピーリングのメリットとデメリット

メリット

(1)手軽にできる
ホームピーリングに使用するケア用品は、薬局やドラッグストア、デパートのコスメコーナーなどで購入できます。ケミカルピーリングとは違い、クリニックや病院に行く必要がなく手軽にできることがメリットです。またケミカルピーリングのように、施術後に肌に強い赤みが現れる心配も少ないため、仕事や私生活に影響が及ぶ心配もほとんどありません。

(2)肌トラブルが起こりにくい
肌への作用がマイルドなため、肌トラブルが起こりにくくなっています。ただし肌トラブルが起こらないとは限らないため、入念なアフターケアは欠かせません。また強い赤みが出た場合は使用を中止する必要があります。

デメリット

(1)アフターケアが必要
ピーリング後のアフターケアを面倒に感じる方もいるでしょう。そのような方にとっては、アフターケアが必要なことはデメリットになります。

(2)すぐに症状を改善することはできない
家庭用ピーリング剤の作用はマイルドであるため、ニキビ跡が劇的に改善することはありません。長く使い続けることで、ニキビ跡の変化を実感できるでしょう。

まとめ

ニキビ跡は、多くの方が悩む肌トラブルのひとつです。すぐに改善することは難しいですが、ホームピーリングを続けることで、目立ちにくくなる可能性があります。医療機関でしか受けられないケミカルピーリングは、作用が強いだけ肌の赤みなども強く現れるので、よく外出する方には向きません。ホームピーリングでニキビ跡が気にならない肌を目指しましょう。

監修:シロノクリニック恵比寿院 中川副院長

ニキビ跡を消したくて、コスメにこだわったり保湿を徹底したりしている方は多いでしょう。しかし、今回おすすめしたいのは「ピーリングでのケア」。ピーリングといえば、肌のくすみが気になるときのケアのひとつですが、ニキビ跡にアプローチできる可能性があります。なぜ、ピーリングがニキビ跡に向いているのか詳しくみていきましょう。

ピーリングがニキビ跡に効果的な理由

新たなニキビのリスクを抑える

ピーリングは、肌の古い角質を取り除くケアです。ニキビは、毛穴に古い角質と皮脂がつまった状態であるため、ピーリングで古い角質を取り除くことでニキビのリスクを抑えられる可能性があります。

ニキビ跡を目立ちにくくする

メラニン色素が肌に沈着したものや、強い炎症が原因で起こる凹凸のあるニキビ跡などがあります。ピーリングによって肌の古い角質が取り除かれると、肌のターンオーバーが整いやすくなり、メラニン色素の排出が促されます。また凹凸のできたところの再生も促されるため、ニキビ跡の改善にも役立つとされているのです。

毛穴の黒ずみ、開きに

毛穴に古い角質や皮脂が溜まると酸化して黒っぽくなります。このような毛穴の黒ずみも、ピーリングでケアできます。また皮脂の過剰分泌が原因の毛穴の開きにも、ピーリングが効果的とされています。皮脂の過剰分泌は乾燥によって起こるため、ピーリングで肌のターンオーバーを整えることで改善が期待できるのです。

そもそも「ピーリング」って何?

ピーリングは、クリニックで受けられる「ケミカルピーリング」と、自宅で行う「ホームピーリング」に分類されます。

ピーリングの特徴

ピーリングは、グリコール酸やサリチル酸、トリクロロ酢酸、乳酸、ベーカーゴードン液などの薬剤を使用して、皮膚を剥がす治療法・ケア方法です。肌の表面に溜まった古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを整えることを目的としています。色素沈着があるニキビ跡や凹んだニキビ跡に効果が期待できます。

ただし、すぐにニキビ跡が薄くなるわけではなく、根気よくケアを続ける必要があります。また濃いニキビ跡や大きく凹んだニキビ跡は、ケミカルピーリングでなければ改善は難しいでしょう。

知りたい!ピーリングのメリットとデメリット

メリット

(1)手軽にできる
ホームピーリングに使用するケア用品は、薬局やドラッグストア、デパートのコスメコーナーなどで購入できます。ケミカルピーリングとは違い、クリニックや病院に行く必要がなく手軽にできることがメリットです。またケミカルピーリングのように、施術後に肌に強い赤みが現れる心配も少ないため、仕事や私生活に影響が及ぶ心配もほとんどありません。

(2)肌トラブルが起こりにくい
肌への作用がマイルドなため、肌トラブルが起こりにくくなっています。ただし肌トラブルが起こらないとは限らないため、入念なアフターケアは欠かせません。また強い赤みが出た場合は使用を中止する必要があります。

デメリット

(1)アフターケアが必要
ピーリング後のアフターケアを面倒に感じる方もいるでしょう。そのような方にとっては、アフターケアが必要なことはデメリットになります。

(2)すぐに症状を改善することはできない
家庭用ピーリング剤の作用はマイルドであるため、ニキビ跡が劇的に改善することはありません。長く使い続けることで、ニキビ跡の変化を実感できるでしょう。

まとめ

ニキビ跡は、多くの方が悩む肌トラブルのひとつです。すぐに改善することは難しいですが、ホームピーリングを続けることで、目立ちにくくなる可能性があります。医療機関でしか受けられないケミカルピーリングは、作用が強いだけ肌の赤みなども強く現れるので、よく外出する方には向きません。ホームピーリングでニキビ跡が気にならない肌を目指しましょう。

  • Check

ピーリングでニキビ跡は治せる?効果的な理由をご紹介!の関連ページ

ピーリングでニキビ跡は治せる?効果的な理由をご紹介! ページトップへ