>   >   > 

ニキビをもっとも早く治す方法を皮膚の専門家の観点から提案します

ニキビを早く治す方法とは?気になるニキビを最短で治すためのコツやポイントを皮膚の専門家の観点からご提案します。参考にしてください。

ニキビ・早く治す

ニキビを早く治したいなら

どのようなニキビでも共通なのが、患部に触れる機会を最小限にすることです。
ニキビができたら気になってしまいますが、何度も触ったり潰したりするのは絶対にアウト。
しつこいニキビ跡となって残ります。
また、皮脂をしっかり落とそうとして日に何度も洗顔をする、目立つのが嫌でファンデーションやコンシーラーを重ね付けする、というのも、ニキビによる炎症を長引かせる原因となります。

ニキビを少しでも早く治したいのであれば、ニキビの症状を把握し、症状に合う正しいケアをしてあげることが大切です。

ニキビの種類と対策

ニキビは段階によって対処方法が異なります。
段階は状態によって、「白ニキビ」、「黒ニキビ」、「赤ニキビ」、「黄ニキビ」に分かれます。
それぞれの状態の特徴とケア方法をチェックしましょう

ニキビ・早く治す

白ニキビ対策

白ニキビに効果的なケアは、クレンジングや洗顔などの基本的なスキンケアを見直すことです。
白ニキビはもっとも初期の段階で、蓄積した皮脂や毛穴が詰まっている状態なので、 刺激を与えず、常に清潔に保って、十分に保湿をしてあげることで悪化を防ぎ、治りを早めることが可能です。
そのためには、クレンジングは肌に負担をかけないクリームタイプ、洗顔は汚れを落とすだけでなく同時に保湿もできるタイプを選び、毎日丁寧に顔を洗うようにしましょう。
そして、ニキビが気になるからと無理に潰すのは避け、どうしても目立たなくしたいなら、ニキビ用パッチなどを使用することです。ただし、却ってニキビがひどくなる可能性もあるため、やはり基本的なスキンケアを見直すとことが、白ニキビの症状を抑える一番の近道と言えるでしょう。

黒ニキビ対策

黒ニキビの対策は、スキンケアを見直すだけでなく、毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除くケアをプラスしましょう。
黒ニキビは、白ニキビの段階で取り除かれなかった皮脂や汚れが酸化してしまい、メラニン色素の影響で色素沈着し、毛穴周辺が黒ずんで見える状態です。黒ニキビの時点で皮脂や汚れを除去できなければ、炎症を起こし、さらに治りにくくなるため注意です。
皮脂や汚れを取り除くためにもっとも効果的なのは、ピーリングです。
ただし、黒ニキビの段階では、皮脂や汚れが詰まって時間が経ちニキビ部分が固くなっているため、事前にスチーマーやホットタオルで肌を柔らかくしてからピーリングを行いましょう。 もちろん、ピーリング後は、十分な保湿が必要です。

赤ニキビ対策

赤ニキビの段階まで発展すると、なかなかセルフケアが難しくなります。
それは、ニキビ部分が炎症を起こし、痛みを伴っている状態であるため、セルフケアをすると却って刺激を与え、悪化させてしまう可能性が高いからです。
ピーリングを取り入れるのも良いですが、できれば岩盤浴やサウナをしたり、温かい食事を摂ったりして、内側から老廃物を排出するまでに留めておくのが無難です。 
デトックスで症状が落ち着けば、スキンケアや生活習慣を見直し様子を見て大丈夫ですが、症状が落ち着かないようであれば、皮膚科へ行き治療を受けましょう。

黄ニキビ対策

黄ニキビまで発展したなら、すぐにクリニックで治療するのがおすすめです。
黄ニキビは、ニキビの中でももっとも深刻な段階で、炎症を起こすだけでなく、毛穴が化膿している状態です。
放置しておくと、アクネ菌はどんどん増殖し、病原性を発揮する「黄色ブドウ球菌」が侵入し、さらなる炎症を引き起こしてしまいます。最終的に症状が落ち着いても、ニキビ部分が陥没してしまったり、シミが残ってしまったりする可能性があります。
黄ニキビになった時点で、患部に触れることは一切避け、即皮膚科で治療を受けましょう。

このように、ニキビは段階ごとに適切なケアをしなければ、みるみるうちに悪化して、 自分では手に負えなくなってしまいます。日頃から正しいスキンケアと規則正しい生活を心がけ、ニキビを発生させない努力をしましょう。
また、ニキビを見つけたら、早い段階で、ニキビの原因菌であるアクネ菌の繁殖を抑える「薬用アクネレススポッツパック」を使用してみるのもおすすめです。

薬用アクネレススポッツパック
薬用アクネレススポッツパック

薬用アクネレススポッツパックは、フルーツ酸*が固くなっている角質を柔軟にし、薬用炭が過剰な皮脂や汚れに吸着します。 初期の段階であればあるほど効果的なので、突然できるニキビの応急処置用として常備しておくと良いでしょう。

* DL-リンゴ酸(整肌成分)

炎症を起こしたものは皮膚科に相談

ニキビはセルフケアで症状が落ち着く場合もありますが、炎症や痛み、膿を伴う赤ニキビ・黄ニキビの段階まで進んでしまったら、先述したように、皮膚科で治療を受けるのがおすすめです。

皮膚科では、ニキビの症状を確認し、症状に応じて、レチノイドや硫黄製剤などの外用薬、抗菌薬などの内服薬の処方を行います。ただ、外用薬と内容薬だけでの治療では、症状を落ち着かせるまでに時間がかかる場合も。 何もなかったような滑らかで美しい肌を望むなら、ワンステップ進んだ治療を受けられる美容皮膚科を選ぶのがおすすめです。

美容皮膚科「シロノクリニック」では、卓越した美容医療技術を持つ医師が、患者様の目指す肌へと導きます。 ニキビ治療では、最新の光治療器を使ってアクネ菌を死滅させ、炭酸ガスレーザーによって膿を取り除いて炎症を鎮めます。また、光治療にはコラーゲン産生作用もあるため、治療を継続することで、どんどん肌のハリがアップし、ニキビができにくい健やかな肌を実感できるようになります。他にも、皮膚の古い角質を除去するクリスタルピーリング、ニキビの原因となる過剰な皮脂分泌をコントロールするサーマクールなど、最新医療を受けることができます。 また、症状に対して治療を施すだけでなく、治療後の肌状態を維持するスキンケア、そしてさらに美肌へと導くスキンケアまでしっかりとアドバイスしてくれます。

ニキビでお悩みの方は、ぜひ一度シロノクリニックに足を運んでみることをおすすめします。

シロノクリニック

ニキビは悪化する前に治そう

日頃のスキンケアはもちろん、お肌の健康をサポートする栄養分を毎日摂取することで、ニキビはできにくくなり、できたとしても悪化を防ぐことができます。

取り入れたいのが、「VC6000マルチビタミン」と「ドクターシーラボ青汁」です。

VC6000マルチビタミン
VC6000マルチビタミン

ドクターシーラボ青汁
ドクターシーラボ青汁

マルチビタミンは、1粒でなんとレモン13個分のビタミンCを摂取でき、他にも皮膚の健康を助けるビタミンB2やビオチンなどを豊富に配合しています。
また、青汁は、乳酸菌と栄養価の高い5種類の青野菜を独自にブレンド。
1杯飲むだけで日頃の野菜不足を解消することができます。

ニキビは身体の内側からのケアも大切です。
ぜひマルチビタミンと青汁を毎日の生活に取り入れてみましょう。

ニキビを早く治すためには、 ニキビの症状を把握して適切なスキンケアを施すこと、 ニキビが悪化したらすぐに皮膚科を受診すること、日々の生活を見直し、必要な栄養素を意識的に摂取すること、の3点が重要です。
ニキビができたからといって落ち込む必要はありません。
正しく対処をすれば、誰でも健康な肌を取り戻し、今よりももっと美しい肌へと変化することができるでしょう。

ニキビをもっとも早く治す方法を皮膚の専門家の観点から提案しますの関連ページ


“ドクターシーラボ激安”ニセモノに注意
初めての方限定無料サンプル

お客様からのよろこびの声

高級感がある

08.10

朝晩洗顔後、一番にたっぷりとつけています。2週間たちましたが、あきらかに透明感が出てきました。部分的に濃いしみが、少しずつですが薄くなってきたと感じます。しっとりします。ビタミンCシリーズと一緒に使用しています。

(あいみん)

ニキビをもっとも早く治す方法を皮膚の専門家の観点から提案します ページトップへ