>   >   > 

化粧水がヒリヒリしみる!そんなときの解決方法を教えます

「昨日までは平気だったのに、今日はお肌に化粧水がしみてヒリヒリ痛い!」、そんな経験はありますか? 季節の変わり目やストレス続きで忙しい日々を送っていると、突然こんなトラブルが生じることがあります。肌がヒリヒリするのは、肌からのSOSサイン。一日も早く症状を抑えるためにも、スキンケア方法や生活習慣を見直して、健やかな肌を取り戻しましょう。

化粧水 ヒリヒリ

化粧水でヒリヒリ! まずはどうするべき?

いつも使っている化粧水が、なぜか肌にしみる! そんな急なトラブル時には、最低限のケアで、肌をいたわりましょう。肌が敏感になっているからといって、何もつけずに放置しておくと、ますます症状が悪化して長引く可能性があります。

1今使っている化粧水はすぐにストップする

化粧水をつけて肌がヒリヒリする場合は、すぐに使用をやめましょう。 化粧水に含まれる成分が刺激になっている可能性があります

洗顔は水かぬるま湯で

洗顔は、洗顔料を使わずに、水かぬるま湯でおこないます。熱いお湯は肌にとって刺激になり、さらなる乾燥を招く原因になるので厳禁! お風呂やシャワーで感じる心地よい温度は、明らかに温度が高すぎます。「ぬるすぎるな」と感じる33~35℃くらいでちょうどいいですよ。

3メイク落としはミルクタイプにチェンジ!

クレンジングは、肌への刺激が少ないミルクタイプを使用します。 クレンジング剤はたっぷり使って、肌の上をこするのではなく、円を描くようにクルクルとメイクとなじませ、指でこする刺激は極力与えないように注意します。すすぐ水の温度も、洗顔時と同様にぬるま湯が鉄則です。すすぎ残しのないよう、髪の生え際や小鼻の脇など、丁寧にやさしく洗いましょう。

4顔の水分は、やさしく押さえてふき取る!

洗顔後、顔の水気をふき取るときにも細心の注意をはらいましょう。肌触りのいいやわらかいタオルを使って、軽く肌に当てて水気を吸い込ませます。 上下にこすったりぬぐったりする動きは、肌に摩擦を与えてしまうのでやめましょう。

5保湿成分を含むゲルやクリームだけで1品ケアを

肌が弱っているときに、あれこれアイテムをプラスしては肌に刺激を与えることになるため逆効果です。 油分を含むゲルやクリームなどで保湿して、お肌を休ませてあげましょう。 保湿成分のセラミドを含むものや、抗炎症作用のある成分が入ったものがおすすめです。セラミドは細胞間脂質のひとつで、水分を蓄える機能あるため、バリア機能が低下した角層の機能を守ってくれる働きがあります。

6紫外線対策は抜かりなく!

肌が敏感になっているからといって、紫外線対策をせずに外に出かけるのは危険です。ただし、日焼け止めは弱っている肌にとっては刺激が強いので、敏感肌用の低刺激な日焼け止めやBBクリームを使用し、紫外線をカットしましょう。 落としやすく塗りなおしやすいパウダータイプの日焼け止めもおすすめです。

肌がヒリヒリするのは、バリア機能が低下しているから。

化粧水 ヒリヒリ

肌がヒリヒリしみるのは、肌のバリア機能が弱まっていることを知らせるサインです。バリア機能とは、肌の水分の蒸発を防ぎ、外部からの刺激から守ってくれる肌表面の角質層の役割のことです。 このバリア機能が間違った洗顔方法や乾燥などの外的要因で低下すると、外部からの刺激が肌内部に侵入しやすくなるため、その防御反応として肌がヒリヒリするなどの炎症が起こります。

防御反応を起こす対象=ヒリヒリの源となるのは、化粧品の成分や花粉、摩擦による刺激など、実にさまざまです。

物理的な刺激の例

  • 洗顔のときにゴシゴシこすって洗っている
  • 熱いお湯での洗顔
  • 毛羽立ったコットンでのパッティング
  • 花粉
  • 大気汚染など

化粧品の成分

  • 界面活性剤
  • 防腐剤
  • アルコール
  • 香料など

花粉や大気汚染などを100%防御することは難しいですが、間違った洗顔方法や顔への摩擦は、自分ですぐに改善できるはずです。そして、バリア機能が弱った肌を立て直すためには、正しいスキンケアを行うことも大切ですが、睡眠やバランスのとれた食事、適度な運動など、生活習慣を整えることも重要です。

ヒリヒリが落ち着いたらいつもの化粧水を使ってもいいの?

化粧水 ヒリヒリ

肌をいたわるシンプルケアでヒリヒリがおさまって一安心。でもいつものケアに切り替えても大丈夫かな、と心配ですよね。

一度しみるようになってしまった化粧水は、症状が治まってもしばらくは使わない方が安心です。バリア機能が弱まっている肌には、肌への刺激となる成分が含まれているものはなるべく避け、シンプルな処方のものがおすすめです。

まとめ

季節の変わり目や疲れがたまっているときなどに、突然起こる肌のヒリヒリ。こんなときは焦らず、原因となるものを避け、最低限のケアに切り替えて症状を落ち着かせましょう。ただし、セルフケアで改善がみられない場合は、早めに皮膚科医に相談してくださいね。

化粧水がヒリヒリしみる!そんなときの解決方法を教えますの関連ページ

化粧水がヒリヒリしみる!そんなときの解決方法を教えます ページトップへ