> >

貧血予防

貧血は女性の10人に1人はいると言われ、血液中の赤血球が基準値よりも減少した状態をいいます。特に妊娠中(妊婦)や産後、生理のときになることが多く、めまいや頭痛肩こり・倦怠感を起こします。原因の多くは鉄分の不足によるものです。貧血を予防するには、鉄分を多く摂ることを心がけることが大切です。鉄の吸収を助けるビタミンCも併せて摂るといいですね。

貧血予防のお悩み

貧血予防に関するお悩みと回答をチェックしよう!貧血予防が気になる方必見の技が盛りだくさんです。

相談者:フランシスカさん

相談日時:2013/08/11 09:02:14 回答残り時間:受付終了

青汁

貧血気味なので青汁を飲み始めました。私はコーヒーが大好きなので、朝食時に両方飲んでいるのですが、これでは青汁の効果が失われてしまうのでしょうか?
カテゴリ:
貧血予防
解決済み
あるある〜

2

回答2:エボ次郎さん

回答日時:2013/08/11 12:42:41

フランシスカさん、こんにちは。

貧血対策に必要な成分に対する阻害成分はいくつかありますが、コーヒーとの組み合わせだけにとどめておきます。

貧血に必要な鉄分は、コーヒーに含まれているタンニンと結合して、体内に吸収しにくくなります。

貧血対策という健康のためですから、朝食前の空腹時に青汁を飲むと良いと思います。朝の空腹時は1番成分吸収率が高いし、他の食品による青汁成分の破壊や吸収の阻害がないのでオススメです。

青汁を飲み終えた30分以上後であればコーヒーを飲んでも大丈夫です。

朝起きたら
即青汁→朝の支度などで時間を有効に使用→朝食(コーヒー)というのはいかがでしょうか?

コーヒーと同時に青汁を飲まなければ良いので、ライフスタイルなどに合わせて工夫をしてみてください。

以下参考まで:
貧血気味であれば、鉄分の摂取です。鉄分の吸収率をあげる作用をするのはビタミンCです。
貧血予防であれば、赤血球やたんぱく質の合成に関わる葉酸とビタミンB12も必要です。

例えば、リニューアル前の青汁であれば、
・ビタミンCとビタミンB12と葉酸は[グァバ葉抽出物]や[甘藷若葉末]に、鉄分は[きな粉]に含まれています。
リニューアル後の青汁であれば、
・ビタミンCとビタミンB12と葉酸は[有機大麦若葉]に、鉄分は[国産よもぎ]に含まれています。
詳しく知りたい場合は、商品ページの「使用方法・詳細」ページをみてくださいね。

一般的に青汁は食物繊維の摂取が目的の栄養補助食品です。
青汁で貧血対策するには、一定量以上の鉄分とビタミンCが含まれている必要があります。
シーラボさんの美容相談室に含有量を問い合わせてみてください。
含有量は商品の企業秘密的位置づけで具体的に教えてもらえないかもしれませんので、
「貧血対策に十分な量が含まれていますか?」とでも質問してみてください。
鉄分の量が少ない場合は、鉄分のサプリメントも青汁と一緒に服用すると良いと思います。

葉酸も必要な成分なので、併せて問い合わせてみるのも良いかと思います。

少しでも参考になれば。
ベストアンサー
なるほど~

4

タイトル 回答数 相談者 相談日時 回答残り時間
献血ができません 2 Momo 2016/01/11
08:11

解決済み

青汁 3 フランシスカ 2014/09/20
20:06

解決済み

栄養補助食品 1 大礒ちゃん 2012/10/09
16:56

解決済み

栄養補助食品 2 芹野0063 2012/10/08
13:28

解決済み

口コミチェック

よく見られている商品

貧血予防のお悩み相談室を見ているユーザーがチェックしている商品です。

貧血予防注目の成分

貧血予防に働く、人気成分でおすすめ商品を探したい方はこちらからどうぞ。

下記よりご希望の条件を選択して商品をお探しください。

初めての方限定無料サンプル

お客様からのよろこびの声

朝まで乾燥しない

06.10

これまでリップを塗って寝ても朝には唇が乾燥してシワシワになっていたのですが、ビタミンエッセンスリップを塗って寝ると、朝までオイルの膜が唇を保護してくれ、起きたときにふっくらしっとりしていました。初めて使ったときは感動しました。これからも使い続けたいと思います。

(モコモコ)

貧血予防 ページトップへ