>   >   > 

【保存版】オールインワンコスメ徹底解説

  • Check

オールインワンコスメってどんなもの?どんな種類があるの?
使い方とおすすめのコスメを紹介します。

オールインワン

そもそもオールインワンコスメとは?

クレンジング・洗顔後のスキンケア、ベースメイクの流れの中で、従来は複数のアイテムが持っていたそれぞれの機能を1つに集約したコスメ(化粧品)のことを言います。
実際に図にして見てみると、本文で紹介したオールインワンゲル・BBクリームが1本で何役もこなしているのかがわかりますね。

オールインワンコスメ説明図

美容液機能もあるBBクリームはオールインワンコスメの王道

クリーム、美容液、日焼け止め、化粧下地、ファンデーション、コンシーラーと、6つのステップを1つに集約した多機能ファンデーションというオールインワン化粧品。日本で一番使われている(※)ドクターシーラボのBBクリームで一番人気は、メイクしながらリフトケアできるBBクリーム「BBパーフェクトクリーム エンリッチリフト」

BBパーフェクトクリーム エンリッチリフト
リフトケアBBクリーム

※「BBクリーム」ブランドシェア1位(富士経済「化粧品マーケティング要覧2012-2014」2011-2013年実績)

BBクリームの進化形、CCクリーム

BBクリームの多機能はそのままに、より透明感と艶感のある肌を目指すなら「CCクリーム」色ムラ・肌キメ・毛穴隠しなど肌の色を均一にコントロールしつつUVケア効果も実現するオールインワンコスメです。薄づきで素肌っぽい仕上がりに。素肌っぽい仕上がりがお好きな方はこちらもとても気になりますね。

CCクリーム
素肌っぽい仕上がりはCCクリーム

オールインワンゲルなら超時短スキンケアが叶う

忙しい朝には、メイクアップに時間をゆっくりかけられないですよね。
化粧水、乳液、美容液、クリーム、化粧下地の5つのステップを1つに凝縮したオールインワンゲルなら、超時短スキンケアを実現。忙しい朝にはもってこいです。
特に40代からは、肌の老化が気になる年代。オールインワンゲルで断トツ1位に輝いた(※)ドクターシーラボ「アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX」は、化粧水、乳液、美容液、クリーム、化粧下地に加えて、アイクリーム、マッサージクリーム、さらにパックにも使えます。見えないヴェールで肌をグイッとリフトアップ、乾燥肌にも嬉しいコラーゲン2種を豪華に配合。
「アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX」は昨年10月25日にリニューアルしパワーアップ。肌にぐんぐん浸透するので、年齢サインの気になる部分に重ねづけが有効。夜にたっぷり塗って寝ると翌朝には肌の違いを実感できるのではないでしょうか。

アクアコラーゲンゲル エンリッチリフトEX
スキンケア~化粧下地まで叶うオールインワン化粧品

これ1本で肌トラブル対策!画期的なオールインワン化粧水

上記のようなステップを1つにするタイプではありませんが、さまざまな年齢肌のお悩みにおすすめということで「悩みオールインワン」の化粧水も。
年齢を重ねてくると、若いころには気にならなかった毛穴の開き・肌のハリ弾力の低下・くすみなどが気になってくるもの。なかなか化粧水1本ではケアするのは難しいのですが、エイジングケア・ブライトニング・毛穴・肌トラブルをケアできる驚きのオールインワン化粧水があるのです。
「VC100 ポアホワイトローション」は、ゆるんだ毛穴を100倍浸透型ビタミンCと複数のビタミンC誘導体で引き締め、透明感のある素肌へ。とろりとした使い心地で、3種類のコラーゲンと3種類のヒアルロン酸が肌のすみずみまでうるおいを与え、コエンザイムQ10などが肌に弾力とハリを与えます。これ1本でさまざまなエイジングケアができるオールインワン化粧水です。オールインワンゲルとのダブル使いで、さらに効果を実感できます。

VC100 ポアホワイトローション
さまざまなエイジングケアが叶う100倍浸透ビタミンC化粧水

無料サンプルで実感してみては?

今まで何個も使っていたものを1つ(オールインワン)にするなんて不安ですよね。化粧品は安い買い物じゃないし、買ってしまって肌に合わなかったらどうしよう、使い心地が悪かったら嫌だ・・・。誰もがそう思います。
そんな時は、まずは化粧品の無料サンプルを試してみてはいかがでしょうか。 オールインワンゲルとBBクリームなどの入ったエンリッチリフトセットに、上品な金のリフトポーチもついて、今なら初めての方限定、無料でお試しできます。信頼のドクターズコスメの自信作をこの機会に実感してみるのもいいかもしれません。

  • Check

【保存版】オールインワンコスメ徹底解説の関連ページ

【保存版】オールインワンコスメ徹底解説 ページトップへ